重労働だった。

『一人で寂しくないの?』って問われても「俺みたいな醜い人間を視界に入れたくないから追放したのはあなたたちでしょう」としか。追放された先で一人でも楽しく生きる術を見つけたんですよ。自分は逆に22で結婚したから周りに「遊びたいとかなかったの?」と聞かれるが、夫婦であれこれやれてたし、今も自由にさせてくれて感謝私最近不安になることあるよ。周りは結婚しててどんどん仕事辞めてったりしてるのに、私なんでこんなに仕事してんだろー、て。だけど、仕事してるお陰で好きな物買えて、趣味の旅行に行けてるんだよな、て。本人が充実しているなら結婚という選択肢は絶対的なものではない。当たり前でしょ。やせ我慢とか色々言う前に、「人それぞれ」です。取り方次第よね!顔色て言う自体ワガママだよ。有難いことなのに。→トイレの蓋の上げ下げとか、妻の顔色をうかがう生き方をしているようにしか見えなくて、疲れると思うと話す。友よ 明日のない星と知っても やはり守って戦うのだ~♪

ミエルドアンジュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>